pGEX Vectors


PDFダウンロード

GST融合タンパク質発現用ベクター

●Glutathione S-transferase(GST)遺伝子の配列の下流にプロテアーゼ認識部位とマルチクローニングサイト(MCS)を配置
●目的タンパク質の切り出しには3種類のプロテアーゼを選択可能
●高レベル発現系のtacプロモーター(Ptac)を採用し、IPTG添加によるGST融合タンパク質の発現誘導が可能
laqI q遺伝子をベクター上に有しているので、宿主大腸菌は不問

※製品コード番号変更のお知らせ

組換えタンパク質の有効な発現方法の1つに融合タンパク質の発現があります。GST(Glutathione S-transferase)Gene Fusion Systemでは、目的遺伝子をベクター上のGST遺伝子配列の3’側にフレームをあわせて組み込み、大腸菌内で融合タンパク質として大量に発現させます。GST融合タンパク質は、GST部分を利用したアフィニティークロマトグラフィーによって精製できます。また、GST部位と目的タンパク質部位の間にプロテアーゼ認識配列が含まれているため、該当するプロテアーゼ処理によりGST部位を切断し、目的タンパク質のみを回収することができます。

FAQ(製品Q&A)はこちらをご覧ください。


ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
pGEX-2T 25 μg 28-9546-53 59,000
pGEX-4T-1 25 μg 28-9545-49 69,400
pGEX-4T-2 25 μg 28-9545-50 59,000
pGEX-4T-3 25 μg 28-9545-52 69,400
pGEX-5X-1 25 μg 28-9545-53 69,400
pGEX-6P-1 25 μg 28-9546-48 69,400
pGEX-6P-2 25 μg 28-9546-50 69,400
pGEX-6P-3 25 μg 28-9546-51 69,400
E. coli BL21 *1 1 vial 27-1542-01 9,800

*1 E. coli BL21はE. coli B株由来ですので、使用に際しては貴研究施設内の組換えDNA安全委員会の指示にしたがってください。

注) 大腸菌E. coli BL21は別売となります。

関連製品

PreScission Protease
GST融合タンパク質精製
Thrombin
Factor Xa
Glutathione Sepharose 4 Fast Flow
Glutathione Sepharose 4B
pGEX Vector Primers for Sequencing

塩基配列

pGEX Vectorsの全塩基配列はこちらをご覧ください。

選択ガイド

PDF

ベクター選択ガイド

PDF

pGEX Vectors ベクターマップ1

PDF

pGEX Vectors ベクターマップ2

リファレンス

1. Kaelin, W. G. et al., Cell 70, 351 (1992).


PDFダウンロード
お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する