検索のヘルプ

Location:ホームContact > イメージングと解析

蛍光アプリケーション~milestoneに関するご意見・ご要望

milestone topへ

アプリケーション~milestoneに関するアンケートを通じて多くのご意見・ご要望をお寄せいただきましてありがとうございました。お寄せいただきましたご意見・ご要望は今後の参考にさせていただき、よりよい内容をお届けできるように努めてまいります。また、ご意見に対する回答も併記させていただきました。同様な疑問・感想をお持ちの方にも是非参考にしていただければと思います。

2003年9、10月号の蛍光アプリケーションアンケートにてお寄せいただきましたご意見・ご要望

■コメント■
CypHer5(pH感受性蛍光物質を用いたレセプター解析でご紹介しました)がなぜ酸性条件下になると蛍光を発するのか、その原理がよく分からない。Cy5ベースでないと出来ないものなのでしょうか?
◆回答◆
蛍光色素の吸光波長、発光波長や蛍光強度などの性質は、蛍光色素の構造に依存しています。FITCのような既存の蛍光試薬においても、pHの変化による構造変化でその性質が変わります。一方、CypHer5は、pHにより最大吸収波長や蛍光波長が変化せず、蛍光強度だけが変化します。この性質を用いてpHの変化を、蛍光強度の変化として検出することができます。CypHer5の構造式を下記に示しました。

■コメント■
IN Cell Analyzerのソフトの内容や、使った解析の例等を、もう少し詳しく特集して欲しい。どの程度の解析が可能なのか知りたいところです。画像解析ソフトは重要ですので。
◆回答◆
ご指摘いただいたように、画像解析ソフトウェアは重要だと考えております。今後蛍光アプリケーションでも特集させていただきたいと思います。ご期待ください。

■コメント■
DNAマイクロアレイやGeneChipなどの基本原理と具体的な応用例、貴社製品の情報を知りたいと思っています。
◆回答◆
ご回答ありがとうございます。現在、弊社マイクロアレイ関連の特集を企画しております。近日配信予定ですので、ご期待ください。
※GeneChipはAffymetrix社の製品です。

■コメント■
RIでやるのが一般的な方法でも、蛍光色素を用いて高感度で検出することができる方法があるなら、どしどし紹介してほしい。
◆回答◆
2003年11月配信の蛍光アプリケーション~milestoneでは、主にRIが用いられるゲルシフトアッセイについての記事をお届けしています。RIと蛍光色素にはそれぞれに優れた利点があります。今後も、双方を比較した内容をご紹介し、実験目的にあわせてどちらを利用するか選択していただけるような内容をおおくりいたします。

■コメント■
一号あたりの分量をもう少し増やしても良いのではないかと思う。
◆回答◆
ご指摘ありがとうございます。皆様のご意見を取り入れてよりよい内容にしていきたいと考えております。

■コメント■
・今回のCypHer5(pH感受性蛍光物質を用いたレセプター解析でご紹介しました)は面白い蛍光物質ですね。 このような新しい実験方法についていろいろと教えていただけたらと思います。
・pH感受性蛍光色素というものを今回初めて知りました。今後も様々な蛍光色素を紹介していただけたらと思います。
◆回答◆
ご回答ありがとうございます。今後もさまざまな蛍光色素を用いたアプリケーションをご紹介していきたいと思います。ご期待ください。

■コメント■
・このような情報は大変役立つし、かつ、あたらしい技術や製品が出れば新しい情報が必要となるので、是非これからも長く続いてほしいです。
・知りたいと思っていた内容でしたので、非常に役に立ちました。このような原理などは市販の本や取説では専門的すぎて理解するのが難しかったため、このようなレベルでの資料を作成していただけると大変ありがたいです。参考になります。
・蛍光検出基礎知識4のような基礎的事項の解説も増やしてほしい。
◆回答◆
蛍光アプリケーション~milestoneでは今後も知られているようで知られていない基本的な知識について取り上げたいと考えています。採用して欲しい内容がありましたら BioDirect-JP@ge.com までお寄せください。

Topへ戻る


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針