検索のヘルプ

Location:ホームContact > イメージングと解析

蛍光アプリケーション~milestoneに関するご意見・ご要望

milestone topへ

蛍光アプリケーション~milestoneに関するアンケートを通じて多くのご意見・ご要望をお寄せいただきましてありがとうございました。お寄せいただきましたご意見・ご要望は今後の参考にさせていただき、よりよい内容をお届けできるように努めてまいります。また、ご意見に対する回答も併記させていただきました。同様な疑問・感想をお持ちの方にも是非参考にしていただければと思います。


2004年5月号の蛍光アプリケーションアンケートにてお寄せいただきましたご意見・ご要望

■コメント■
milestoneのサイトをHPのトップから探すのは容易ではなく少々不便です。バイオダイレクトメール読者のみへのサービスということなのかもしれませんが、メールのサイトからリンクを貼る等してもらえば有難いです。

◆回答◆
蛍光アプリケーション~milestonの終了にともない、時期を見て一般公開を予定しております。永らくのご愛読ありがとうございました。ご使用のブラウザの「お気に入り」にブックマークしていただれば幸いです。

■コメント■
ある程度の分量が貯まったら、小冊子形式に再編集してもらいたい。

◆回答◆
同様のリクエストを何件がいただいております。蛍光アプリケーション~milestonに限りましては、印刷を視野に入れた制作を行っていないため、ご期待に沿うのは難しい状況ですが、今後計画しております同様の連載では印刷も視野に入れた制作を行う予定でおります。

■コメント■
GeneChip解析についてとりあげてほしい。

◆回答◆
現在、GeneChipはAffymetrix社での販売になるため、弊社での記載は行えません。

■コメント■
細胞(好中球,マクロファージなど)の取り扱いの基礎や機能解析に便利な試薬について知りたい。

◆回答◆
本連載でも一度ご紹介したIN Cell Analyzerは、セルファンクション解析に特化した解析装置です。こちらをご参照ください。

■コメント■
FRETやBRETについて、他社製品も含めての総説、実験情報を掲載して欲しい。

◆回答◆
2005年中にスタートの新連載を企画中です。このような内容にも踏み込めるよう心がけてまいります。

■コメント■
トラブルシューティング的なものがあれば、ありがたいです。

◆回答◆
milestoneは各章、実験に関してコツやトラブルに対しての対応をそれぞれ記載した形状にさせていただきます。現在知りたい内容に近いmilestoneにご要望のトラブル対応策が書いてある可能性がありますのでそれをご確認ください。

■コメント■
プロテオミクス解析特集を組んでほしい。特に,実験手法,解析例等。

◆回答◆
蛍光におけるプロテオミクス解析としては二次元電気泳動およびEttanDIGEをご紹介させていただいております。是非、ご覧ください。

■コメント■
もう少しデータが多いとよいなと思います。蛍光関連のトラブルシュートの特集もあれば楽しみです。
プロテインアレイについては更なる詳しい情報を特集していただければ嬉しいです。

◆回答◆
プロテインアレイに関してはまだ新しい段階ですので、原理を中心に紹介させていただきました。今後、新しい資料等がありましたら2005年中スタートの新連載などを通して改めてご紹介させていただきます。

■コメント■
最近開発されている、まだ実用化されていない新しい技術の紹介や、新材料、素材等の情報をお願いします。
新たな手法で、簡単に導入できるものを多く紹介してください。

◆回答◆
弊社でも新しい情報に関してはできるだけ早い時期に皆様にお届けするように努力しております。milestoneだけではなく、バイオダイレクトメール内のTechnical Tips等でも新製品等ご紹介させていただいております。併せてご利用ください。

■コメント■
発行頻度を少し増やしてほしい。

◆回答◆
申し訳ありません。現在、皆様からの投稿も含めて部数増を検討はしておりますが、現在の記事内容の品質を維持するためにはこの月1回の回数が手一杯の状態です。その代わり品質を維持するために全力を尽くします。

■コメント■
毎回実験データを使ってわかりやすいです。願わくば、その詳細なメソッド、バッファー組成なども有ればうれしいです。

◆回答◆
ご指摘ありがとうございます。今後milestone以外も含めてご指摘の点に関しまして留意させていただきます。

■コメント■
いつも楽しく読ませて頂いています。
いつも面白く読ませて頂いています。今回の話題は現時点では使わないものですが参考にさせていただきます。今後も色々な蛍光技術を紹介してください。

◆回答◆
蛍光の原理や画像解析基本概念は画像解析であれば同じですのでRIの検出、顕微鏡での解析でも基本的な考え方は同じであると思います。是非ご活用ください。

■コメント■

今後も興味深い記事を期待します。
今後も有効なトピックを扱って欲しい。
今回も非常にわかりやすい内容で良かったと思います。今後も新しい技術の基本的な原理をわかりやすく解説してもらえると非常にありがたいです。

◆回答◆
蛍光アプリケーション~milestoneは、昨年12月をもちまして終了させていただきました。永らくのご愛読に感謝いたします。弊社ではバイオダイレクトメールをはじめとしてさまざまなツールでお客さまに情報を提供しております。併せてご利用ください。また、別の企画等もございますので、ご意見ご要望をお寄せいただけますと幸いです。

Topへ戻る


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針