トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームContact > イメージングと解析

蛍光アプリケーション ~milestone

蛍光アプリケーション ~milestoneとは?

皆様にご愛顧いただきました蛍光アプリケーション~milestoneは2004年12月をもって一旦終了させていただきました。今後、新たな企画としてもう一度にお目にかかることを祈りつつ、これまでのご愛読に感謝いたします。

milestone  :マイルストーン、里程標、一里塚

『全ての道はローマに通じる』という言葉で有名な古代ローマ帝国の街道には1マイルごとに目印になる石碑が置かれていました。この石碑がmilestoneの語源です。コンパスもカーナビも無い時代には、そこに石碑があるだけで多くの旅人に安心感をもたらせたことでしょう。研究という皆様の旅の道中、少しでもお役に立てるようなものを作りたいと願いまして、この連載をmilestoneと名付けました。

mailestoneに関するご意見・ご要望
蛍光アプリケーション ~milestoneは毎号皆様のご意見・ご要望をうかがい、内容に反映させております。今までに寄せられた数多くの意見・ご要望および弊社からの回答を下記からご覧いただけます。
2003年 7月8月9、10月11月12月
2004年 2月3月4月5月6月7月8月9月

milestoneバックナンバー

2004年12月号
蛍光検出基礎知識 検出の達人への道 (5) 核酸のブロッティングと標識・検出
(PDF:282KB)
電気泳動の蛍光検出シリーズの第五弾。核酸検出の代表的手法であるサザン/ノーザンブロッティングのキーポイントとその蛍光検出時の注意点をまとめました。
蛍光検出基礎知識 検出の達人への道 (6) 二次元電気泳動
(PDF:205KB)
最終回の第六弾では、タンパク質の分離手法のなかで最も高分離能であり、プロテオミクス解析の中心的な技術である二次元電気泳動をご紹介します。

2004年11月号
蛍光検出基礎知識 検出の達人への道 (4) ウェスタンブロットの蛍光検出
(PDF:113KB)
電気泳動の蛍光検出シリーズの第四弾。電気泳動と抗原抗体反応を組み合せたウェスタンブロッティング法の原理を再確認しつつ、ウェスタンブロットの蛍光検出についてご紹介します。

2004年10月発信
蛍光検出基礎知識 検出の達人への道 (2) アクリルアミドゲル電気泳動
(PDF:502KB)
電気泳動の蛍光検出シリーズの第二弾。電気泳動法の中で、最も広く用いられているものの一つ、ポリアクリルアミドゲルを用いた方法をご紹介します。
蛍光検出基礎知識 検出の達人への道 (3) SDS-PAGE
(PDF:534KB)
電気泳動の蛍光検出シリーズの第三弾。タンパク質の高次構造を変性して泳動するSDS- ポリアクリルアミドゲル電気泳動についてご紹介します。

2004年9月発信
蛍光検出基礎知識検出の達人への道(1)~アガロースゲル電気泳動
(PDF:942KB)
電気泳動の蛍光検出シリーズの第一弾。核酸を泳動分離する際に最もよく利用されるアガロースゲル電気泳動についてまとめました。

2004年8月発信
Cell Cycle Arrestを誘導する化合物スクリーニングへの Guava PCA-96の適用 (PDF:529KB)
Cell Cycle Arrest(細胞周期の進行の阻止)を起こす低分子(薬剤候補)をパーソナルセルファンクションアナライザーGuava PCA-96を用いてスクリーニングしました。

2004年7月発信
蛍光検出基礎知識(9) ~ Microarray とは その1 (PDF:126KB)
マイクロアレイ解析のワークフローと基本的な知識をまとめました。

2004年6月発信
蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動の原理 (PDF:520KB)
Protein Arrayの原理や応用例のご紹介をします。

2004年5月発信
蛍光検出基礎知識(8) ~Protein Arrayとは (PDF:111KB)
Protein Arrayの原理や応用例のご紹介をします。

2004年4月発信
GFPを用いたアプリケーション (PDF:171KB)
GFPによるタンパク質の発現解析や相互作用解析のご紹介です。

2004年3月発信
GFPとは (PDF:105KB)
GFPの由来や応用例などをご紹介します。

2004年2月発信
蛍光検出用語集(1) (PDF:91KB)
蛍光検出基礎知識(1)~(2)に出てきた用語をまとめました。
蛍光検出用語集(2) (PDF:100KB)
蛍光検出基礎知識(3)~(5)に出てきた用語をまとめました。

2003年12月発信
蛍光検出基礎知識(6) (PDF:98KB) 2004.02.12改訂
蛍光検出時の注意点のご紹介です。
セルファンクション解析に必要な機器とその条件 (PDF:86KB)
多くのお問い合せをいただきましたセルファンクション解析用装置のご紹介です。

2003年11月発信
蛍光検出基礎知識(5) (PDF:98KB)
検出した画像の数値化についてのご紹介です。
Cy5を用いたゲルシフトアッセイ (PDF:86KB)
蛍光色素を用いたゲルシフトアッセイアプリケーションのご紹介です。

2003年10月発信
蛍光検出基礎知識(4) (PDF:101KB)
蛍光検出システムのパフォーマンスのご紹介です。
ウェスタンブロッティングの蛍光検出 (PDF:80KB)
蛍光色素を用いたウェスタンブロッティングの検出法のご紹介です。

2003年9月発信
蛍光検出基礎知識(3) (PDF:104KB)
蛍光検出システムの基礎知識のご紹介です。
pH感受性蛍光物質を用いたレセプター解析 (PDF:163KB)
pHによって蛍光強度が変化するCypHer5を用いたアプリケーションのご紹介です。

2003年8月発信
蛍光検出基礎知識(2) (PDF:75KB)
蛍光フィルターの基礎知識・選択方法のご紹介です。
核酸電気泳動ゲルの蛍光染色 (PDF:79KB)
検出試薬・検出時のTipsなどのご紹介です。

2003年7月発信
蛍光検出基礎知識(1) (PDF:80KB)  2003.09.09改訂
意外と知られていない蛍光検出のしくみとその原理をご紹介します。
タンパク質ポリアクリルアミド電気泳動ゲルの蛍光染色 (PDF:83KB)
近年脚光を浴びている蛍光検出による二次元電気泳動についてご紹介します。

→バイオダイレクトメールへの新規登録、解除や登録内容の変更はこちらから

Topへ戻る


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針