検索のヘルプ

Location:ホームHot Newsトレーニング/セミナー/シンポジウム情報

ワクチン製造技術セミナー

ワクチン製造技術セミナー2010

新型インフルエンザ流行の脅威もあり、ワクチンに対する需要・関心は非常に高まっています。インフルエンザ流行による短期的なインパクトだけでなく、成人への接種の推進や新製品投入などもあって、ワクチン市場は世界の製薬 業界で最も成長している分野となっています。

日本でも、2007年にワクチン産業ビジョン推進委員会が発足し、国家レベルでワクチンの開発、製造、普及が推進されており、国内のワクチン市場も今後より成長することが予測されます。

そこでGEヘルスケアでは、ワクチン製造に携わっている方、今後ご検討されている方を対象に、ワクチン製造の最近の動向、技術をご紹介するセミナーを開催することにいたしました。

講演終了後には懇親会を設けておりますので、より深いディスカッションができる場としてぜひご利用ください。

多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。

日程

3月19日(金) 13:30~18:00

場所

GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス新宿本部

定員

30名

セミナー予定演題

  1. ワクチン製造の最新動向
  2. 組織培養由来インフルエンザワクチン製造技術
  3. ワクチン製造をサポートする製品・技術

プログラム詳細およびお申込み

本プログラムの受付は終了しました。

ワクチン製造技術セミナー2007

2007年、厚生労働省より「ワクチン産業ビジョン」が発表され、国も感染症対策の柱としてワクチンにフォーカスをあてています。また今日、分子標的薬や抗体医薬、核酸医薬に続く治療薬として、ワクチンが注目されています。

そこで、ウイルス、ウイルス様粒子、ベクター、プラスミドを含むワクチンの開発、製造に役立つ情報をご提供するセミナーを企画いたしました。培養、精製から評価技術にいたるまで、海外の最新情報を交えてご紹介いたします。

日程と開催場所
会場 開催日 場所 定員
大阪 2月12日(火) 大阪営業所会議室 終了
東京 2月13日(水) ライフサイエンス新宿本部会議室 終了
プログラム
13:00-13:05 はじめに
13:05-13:35 ワクチン市場の動向およびワクチン精製における一般的検討事項
13:35-14:35 Capitalization on technology solutions for vaccine manufacturing(英語)
ワクチン製造における技術ソリューションへの投資:~培養と精製の技術開発~
Raf Lemmens, Ph.D., R&D Vaccine Program Leader, GE Healthcare Bio-Sciences AB, Sweden
14:35-14:50 休憩
14:50-15:20 ワクチン分野におけるBiacoreを用いた分子間相互作用解析の有用性
15:20-15:50 ワクチンの効率的な開発と製造支援技術の紹介
ReadyToProcess & WAVEバイオリアクター
15:50-16:00 質疑応答

お申込み方法

本プログラムは受付を終了しました。
またの機会をお待ちいただきますようお願い申し上げます。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針