検索のヘルプ

Location:ホームHot Newsトレーニング/セミナー/シンポジウム情報

抗腫瘍活性物質プラジエノライドの標的(スプライシングファクターSF3b)の同定
Splicing Factor SF3b as a Target of the Antitumor Natural Product Pladienolide

水井 佳治
エーザイ株式会社 創薬第二研究所 評価グループ

Pladienolide is a naturally occuring antitumor macrolide discovered by using a cell-based reporter gene expression assay controlled by the human vascular endothelial growth factor (VEGF) promoter. Despite the unique mechanisms of action and prominent antitumor activities of pladienolides B and D in diverse in vitro and in vivo systems, their target protein has remained unclear. We used 3H-labelled, fluorescence-tagged, and photoaffinity/biotin (PB)-tagged 'chemical probes' to identify a 140-kDa protein in splicing factor SF3b as the binding target of pladienolide.

Immunoblotting of an enhanced green fluorescent protein (GFP) fusion protein of SF3b subunit 3 (SAP130) revealed direct interaction between the PB-probe and SAP130. The binding affinities of pladienolide derivatives to the SF3b complex were highly correlated with their inhibitory activities against reporter gene expression and cell proliferation. Furthermore, pladienolide B impaired in vivo splicing in a dose-dependent manner. Our results demonstrate that the SF3b complex is a pharmacologically-relevant protein target of pladienolide and suggest that this splicing factor is a potential antitumor drug target.


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針