検索のヘルプ

Location:ホームHot Newsトレーニング/セミナー/シンポジウム情報

IN Cell User's Day 2012 講演要旨

ヒトiPS細胞を用いた神経変性疾患研究

京都大学iPS細胞研究所 今村 恵子

神経変性疾患は、神経細胞が選択的に変性することによって生じる難治性疾患であり、根本的な治療法は確立していない。ヒトの神経細胞を入手することは困難であったが、iPS細胞作製技術により、種々の神経細胞を作製することが可能となった。我々は神経変性疾患のiPS細胞を用いて神経細胞を作製し、神経変性疾患の病態解明およびその治療法開発を目指している。当研究室で行っている、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者由来iPS細胞から作製した運動ニューロンを用いた疾患研究について紹介する。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針