検索のヘルプ

Location:ホームHot Newsトレーニング/セミナー/シンポジウム情報

Life Sciences Academy* 提供 / GEヘルスケア・ジャパン株式会社 主催
GE Life Sciences Day 2014

BIA Symposium × IN Cell User’s Day × DIGE User’s Day

ご参加ありがとうございました!GE Life Sciences Day 2014開催報告

会場の様子ポスター発表の様子機器展示の様子

2回目の開催となります今回も、各分野でご活躍されているGEユーザーの皆さまによって熱い議論が繰り広げられました。

午前中に産・学からの基調講演2演題。午後からはBiacore(低分子医薬系)、Biacore(タンパク質医薬系)、IN Cell Analyzer、電気泳動の4分野で、各4スロットを分科会形式で開催。分野の枠にとらわれず、ご希望の講演、スロットにご参加いただけるよう、各分科会のスケジュールを統一し、異なる研究分野に触れられる機会といたしました。夕方からは50題を超えるポスター発表を開催し、活発な意見交換がおこなわれました。また、ポスター発表と同一の会場でGE機器の展示と懇親会を行い、ネットワーキングをさらに深めていただきました。

ご参加いただいた皆さまより、「アカデミアと企業の交流が生まれる」「異なる価値観に触れられる」「機器が研究現場で実際に使われている例を見ることができ、視野が広がる」「自身の研究への応用が期待できる」との喜びの声を多数いただきました。

次回は2015年7月24日(金)に開催いたします。さらにたくさんの方が熱く深く議論していただける会を目指して企画いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。

ご講演内容紹介

※WEB会員にご登録の上ご覧ください(未登録いただいてない方は、「講演要旨はこちら」または「講演ビデオはこちら」をクリックしてから登録画面へ進んでください)。
※ご了承を得た方の公開をさせていただいております。

基調講演①
「写真フイルムの“ものづくり”を進化させた新規事業の創出」
富士フイルム株式会社 取締役 常務執行役員 戸田 雄三 様

写真フイルムの“ものづくり”の中で培われた“コア技術”を化粧品、サプリメント、医薬品、再生医療などの「ヘルスケア分野」へ進化させ、新規事業を創出し続けている富士フイルムの取り組みについてご講演いただきました。

→戸田先生の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

基調講演②
「再生医療産業に対する下支え技術の開発と創薬応用」
大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻 生物プロセスシステム工学領域 教授 紀ノ岡 正博 様

再生医療に用いられる細胞の製造技術の現状についてご講演いただきました。再生医療に用いる細胞の製造における課題、市場戦略をはじめ、戦略に基づく国際標準化、日本独特の規制改革による新たな市場展開など、再生医療の産業化を目指す取り組みについて様々なレベルから紹介いただきました。

→紀ノ岡先生のご講演ビデオはこちら ご講演ビデオはこちら
→紀ノ岡先生の講演要旨はこちら 講演要旨・資料はこちら

Biacore・MicroCal分科会 低分子医薬系①
「ハイスループットITCによるHTSヒットバリエーション」
大正製薬株式会社 薬理研究所 生物資源研究室 HTSグループ グループマネージャー 岩本 邦彦 様

HTS(High Throughput Screening)ヒットバリエーションの段階で、なるべく多くの化合物を対象にITCによる∆Hの評価を行うことを目的に、Auto-iTC200を用いたハイスループットの有用性を検討した結果についてご講演をいただきました。

Biacore・MicroCal分科会 低分子医薬系②
「アカデミアにおける化合物スクリーニングの構築と問題点」
北海道大学 大学院薬学研究院 特任准教授 齊藤 貴士 様

北大創薬科学研究教育センターにおける化合物ライブラリースクリーニングのための整備状況と、Biacore、MicroCalをはじめとするスクリーニング用機器の運用状況とスクリーニングを進めるなかで見えてきた「アカデミアならでは」の問題点についてご講演いただきました。

→齊藤先生の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

Biacore・MicroCal分科会 低分子医薬系③
「表面プラズモン共鳴法を用いた抗菌・抗真菌薬のLipid II末端ジペプチド及び脂質膜に対する親和性評価に関する研究」
塩野義製薬株式会社 医薬研究本部 開発研究所 応用化学・分析部門 木内 啓貴 様

バンコマイシン類のLipid Ⅱ 末端ジペプチド類及びモデル脂質膜の結合特異性及び選択性やin vivo抗菌活性データと比較した結果、及び、SPRを用いた脂質膜親和性評価系を抗菌薬(Daptomycin)及び抗真菌薬(Amphotericin)の脂質膜に対する親和性評価に応用し、統合選択性や特異性の評価結果についてご講演いただきました。

→木内先生のご講演ビデオはこちら ご講演ビデオこちら
→木内先生の講演要旨はこちら 講演要旨・資料はこちら

Biacore・MicroCal分科会 低分子医薬系④
「Lead generation, Lead optimizationにおけるBiophysical toolsの活用」
日本たばこ産業株式会社 医薬総合研究所 判谷 吉嗣 様

Biacore、iTCを代表とするBiophysical toolsの技術をFragment based drug discovery(FBDD)、Lead generation, optimizationに活用している事例についてご講演いただきました。

→日本たばこ産業株式会社 判谷様の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

Biacore・MicroCal分科会 タンパク質医薬系①
「バイオ医薬品の溶液中でのキャラクタリゼーション 安定性、凝集性の評価と予測」
大阪大学 工学研究科 生命先端工学専攻 准教授 岡崎統合バイオサイエンスセンター 客員准教授 内山 進 様

4種類の抗体について、異なる溶液条件での性質と粘度上昇や凝集体発生の関係について抗体溶液のコロイドの安定性と構造安定性を指標として解析を行った研究例についてご講演いただきました。

→内山先生のご講演ビデオはこちら ご講演ビデオはこちら
→内山先生の講演要旨はこちら 講演要旨・資料はこちら

Biacore・MicroCal分科会 タンパク質医薬系②
「抗体創薬における DSCの利用」
アステラス製薬株式会社 薬物動態研究所 創薬物性研究室 主任研究員 関口 光広 様

昇温過程におけるタンパク質の立体構造変化に由来する熱の出入りを検出することができるDSC(Differential Scanning Calorimetry)の紹介と蛍光試薬存在下で蛍光強度を測定するDSF(Differential Scanning Fluorimetry)との比較についてご講演いただきました。

Biacore・MicroCal分科会 タンパク質医薬系③
「SPR, for biopharmaceutical GMP release test」
武田薬品工業株式会社 CMC研究センター光バイオ技術室 主任研究員 濱地 芳典 様

バイオ医薬品のGMP品質試験における力価試験の課題を解決する手段として、「EC50値比」を用いたSPR試験法の開発と採用にいたるまでの過程についてご講演いただきました。

→武田薬品工業株式会社 濱地様の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

Biacore・MicroCal分科会 タンパク質医薬系④
「計算科学的アプローチによる抗体の親和性向上設計」
アステラス製薬株式会社 研究本部 バイオサイエンス研究所 コア・テクノロジー研究室 主任研究員 曽我 真司 様

MCP-1(monocyte chemo-attractant protein-1)に対する中和抗体11K2の一本鎖抗体scFv(single-chain variable fragment)をモデルケースとして、親和性向上を目的とした合理的改変設計の方法とSPRによる実験結果についてご講演いただきました。

IN Cell Analyzer分科会 講演①
「iPS細胞技術を用いた神経疾患の病態解明と治療法開発」
順天堂大学 ゲノム・再生医療センター 特任教授 赤松 和土 様

遺伝性疾患患者より誘導した疾患特異的iPS細胞について、生体外での神経分化誘導方法の改良と、IN Cell Analyzerを用いて取り組んでいる分化誘導方法・病態解析方法の確立についてご講演いただきました。

→赤松先生の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

IN Cell Analyzer分科会 講演②
「Fluoppi; Protein-protein interaction visualizing technology」
株式会社医学生物学研究所 研究開発本部 エピゲノムプロジェクト 副主任研究員 渡部 拓 様

FRETなどの技術とは異なる、タンパク質間相互作用を測定するための新しい原理で開発された基盤技術Fluoppiのご紹介と、IN Cell Analyzerを用いた創薬研究への適用について、ご講演いただきました。

IN Cell Analyzer分科会 講演③
「IN Cell Analyzerを使った疾病由来iPS細胞の解析」
熊本大学 発生医学研究所 幹細胞部門 幹細胞誘導分野 教授 江良 択実 様

ニーマンピック病C型(NPC)患者よりiPS細胞を樹立し、肝様細胞のコレステロールをFilipin染色にて可視化して、IN Cell Analyzerを用いて解析した結果についてご講演いただきました。

→江良先生の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

IN Cell Analyzer分科会 講演④
「蛍光イメージングを使用したin vivo小核試験の新規自動計算法の開発」
富士フイルム株式会社 安全性評価センター 技術マネージャー 笠原 利彦 様

IN Cell Analyzerを用いた、迅速かつ精度の高いin vivo小核試験自動計算法の開発とその有用性についてご講演いただきました。またin vivo小核試験のHCS(high content screening)を可能にしたマイクロプレート標本作成方法についてもご紹介いただきました。

→富士フイルム株式会社 笠原様の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

電気泳動分科会 講演①
「アレルギー疾患研究における当社二次元電気泳動法の有用性」
ホーユー株式会社 総合研究所 基盤技術研究室 係長 中村 政志 様

既存試験方法では難しかった即時型アレルギーにおける原因物質の特定を、ミニゲル2D-PAGEを用いることで実現した例をご講演いただきました。アレルギー疾患研究においてミニゲル2D-PAGEが有用であることを示唆いただきました。

→ホーユー株式会社中村様の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

電気泳動分科会 講演②
「2D-DIGEを用いた膜タンパク質シェディングのスクリーニング」
慶應義塾大学 医学部 微生物学・免疫学教室 白壁 恭子 様

プロテオミクス解析を用いることで、内在性のシェディングの新しい生理機能や、刺激・基質の違いによる制御機能を明らかにすることができたことについて、ご講演いただきました。

→白壁先生の講演要旨はこちら 講演要旨・資料はこちら

電気泳動分科会 講演③
「プロテオーム解析による バイオマーカー開発の常識を疑う」
国立がん研究センター研究所 創薬プロテオーム研究分野 分野長 近藤 格 様

今まで当たり前のように考えられてきたプロテオーム解析によるバイオマーカー戦略の「常識」を取り上げ、問題点を指摘するとともに、過去のプロテオーム解析を振り返り、どのようにバイオマーカー開発に取り組むべきかについてご講演いただきました。

→国立がんセンター近藤様の講演要旨はこちら 講演要旨はこちら

電気泳動分科会 ④パネルディスカッション
座長:横浜市立大学 戸田 年総 様
国立がん研究センター研究所 近藤 格 様
ホーユー株式会社 中村 政志 様
慶應義塾大学 白壁 恭子 様
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 石田 友紀

受講者の方々から質問を募り、質問に対してパネラーの先生方にお答えいただくという形式で開催しました。素朴な疑問から、高度なTipsまで、ざっくばらんにご回答をいただきました。


開催概要

日時 2014年8月1日(金) 受付 10:00~ 開会 10:30~
会場 パシフィコ横浜 会議センター(みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分)
募集定員 500名(先着順)
参加費 無料(事前参加登録制)
お申込み方法 お申込み受付は終了いたしました。
申込み締切 2014年7月25日(金)

プログラム概要

講演要旨はこちらからご覧いただけます

※講演要旨は、Life Sciences Academyに公開しております。WEB会員にご登録の上ご覧ください。
→WEB会員のご登録はこちらから

開始時間 内容
10:00 受付開始
10:30 開会挨拶
10:40 基調講演① 「写真フイルムの“ものづくり”を進化させた新規事業の創出」
富士フイルム株式会社 取締役 常務執行役員
戸田 雄三 様
11:30 基調講演② 「再生医療産業に対する下支え技術の開発と創薬応用」
大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻 生物プロセスシステム工学領域 教授
紀ノ岡 正博 様
12:20 休憩(お弁当配布)
12:30 ランチョンセミナー 基礎講座 Biacore   MicroCal / IN Cell Analyzer / 電気泳動
13:25 休憩・移動
13:40 Biacore・MicroCal分科会(低分子医薬系) Biacore・MicroCal分科会(タンパク質医薬系) IN Cell Analyzer分科会 電気泳動分科会
低分子医薬系①
「ハイスループットITCによるHTSヒットバリデーション」

大正製薬株式会社 薬理研究所 生物資源研究室 HTSグループ グループマネージャー
岩本 邦彦 様
タンパク質医薬系①
「バイオ医薬品の溶液中でのキャラクタリゼーション安定性、凝集性の評価と予測」

大阪大学 工学研究科 生命先端工学専攻 准教授 岡崎統合バイオサイエンスセンター 客員准教授
内山 進 様
IN Cell①
「iPS細胞技術を用いた神経疾患の病態解明と治療法開発」

順天堂大学 医学部 ゲノム・再生医療センター 特任教授
赤松 和土 様
電気泳動①
「アレルギー疾患研究における当社二次元電気泳動法の有用性」

ホーユー株式会社 総合研究所 基盤技術研究室 係長
中村 政志 様
14:20 休憩・移動
14:25 低分子医薬系②
「アカデミアにおける化合物スクリーニングの構築と問題点」

北海道大学 大学院薬学研究院 特任准教授
齊藤 貴士 様
タンパク質医薬系②
「抗体創薬における DSCの利用」

アステラス製薬株式会社 薬物動態研究所 創薬物性研究室 主任研究員
関口 光広 様
IN Cell②
「Fluoppi; Protein-protein interaction visualizing technology」

株式会社医学生物学研究所 研究開発本部 エピゲノムプロジェクト 副主任研究員
渡部 拓 様
電気泳動②
「2D-DIGEを用いた膜タンパク質シェディングのスクリーニング」

慶應義塾大学 医学部 微生物学・免疫学教室
白壁 恭子 様
15:05 コーヒーブレイク
15:35 低分子医薬系③
「表面プラズモン共鳴法を用いた抗菌・抗真菌薬のLipid II末端ジペプチド及び脂質膜に対する親和性評価に関する研究」

塩野義製薬株式会社 医薬研究本部 開発研究所 応用化学・分析部門
木内 啓貴 様
タンパク質医薬系③
「SPR, for biopharmaceutical GMP release test」

武田薬品工業株式会社 CMC研究センター光バイオ技術室 主任研究員
濵地 芳典 様
IN Cell③
「IN CELL ANALYZERを使った疾患由来iPS細胞の解析」

熊本大学 発生医学研究所 幹細胞部門 幹細胞誘導分野 教授
江良 択実 様
電気泳動③
「プロテオーム解析によるバイオマーカー開発の常識を疑う」

国立がん研究センター研究所 創薬プロテオーム研究分野 分野長
近藤 格 様
16:15 休憩・移動
16:20 低分子医薬系④
「Lead generation, Lead optimizationにおけるBiophysical toolsの活用」

日本たばこ産業株式会社 医薬総合研究所
判谷 吉嗣 様
タンパク質医薬系④
「計算科学的アプローチによる抗体の親和性向上設計」

アステラス製薬株式会社 研究本部 バイオサイエンス研究所 コア・テクノロジー研究室 主任研究員
曽我 真司 様
IN Cell④
「蛍光イメージングを使用したin vivo小核試験の新規自動計数法の開発」

富士フイルム株式会社 安全性評価センター 技術マネージャー
笠原 利彦 様
電気泳動④
パネルディスカッション

電気泳動、ウェスタンブロッティングのサンプル調整や二次元電気泳動、DIGE関するQ&Aセッション
17:00 休憩・移動
17:10 ポスター発表
18:40 懇親会(フィンガーフード・ドリンクをご用意)

※ プログラムの内容は、変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ポスター発表

ポスター要旨

ポスター要旨はこちらからご覧いただけます

※ポスター発表の要旨は、Life Sciences Academyに公開しております。WEB会員にご登録の上ご覧ください。
→WEB会員のご登録はこちらから

ポスター発表のお申込み

お申込み受付は終了いたしました。

お問合せ先

GEヘルスケア・ジャパン株式会社ライフサイエンス統括本部
GE Life Sciences Day2014 開催事務局 担当:楠間
TEL 03-5331-9336 / FAX 03-5331-9370
e-mail Tech-JP@ge.com

* Life Sciences Academyは、ゼネラル・エレクトリック・カンパニイ又はその関連会社の商標です。詳細はこちらをご覧ください。