検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービス > ProteinSciences Club > ウェスタンブロッティング

マーカーあれこれ一覧表
~GE タンパク質分子量マーカー大全~

マーカーイメージ画像 手にしているのは蛍光マーカーですが、他のマーカーも各種取り揃えております!

SDS-PAGEからウェスタンブロッティングまで、化学発光検出から蛍光検出まで、さまざまな種類のマーカーで皆さまの研究をサポートしています!

・・・ということを、あまりご存知ないのではないでしょうか?
ここでは、GEのタンパク質分子量マーカーをまとめてご紹介しています。用途に合わせてご利用ください。

【目次】


タンパク質分子量マーカーのラインナップ

GEでは、タンパク質電気泳動またはウェスタンブロッティングに対応した分子量マーカーをご用意しています(表1)。皆さまの実験手法にあわせて、分子量範囲や検出法を幅広く選択可能です。

表1 分子量マーカー 一覧表
製品名 検出 分子量範囲 検出機器・試薬 包装 備考
タンパク質電気泳動用マーカー
LMW Marker Kit Unstained 14.4 ~ 97.0 kDa ゲル染色
CBB
銀染色
蛍光染色
10 vials, 576 µg/vial ミニゲル(CBB染色)で約40レーン分/vial
HMW SDS Marker Kit 53.0 ~ 220 kDa 10 vials, 175 µg/vial ミニゲル(CBB染色)で約20レーン分/vial
HMW Native Marker Kit 66.0 ~ 669 kDa 10 vials, 250 µg/vial Native-PAGE用マーカー、ミニゲル(CBB染色)で約20レーン分/vial
ウェスタンブロッティング検出対応マーカー
Rainbow Molecular Weight Markers(Full, High, Lowの3種) Pre-stained 12 ~ 225 kDa (Full, High)

3.5 ~ 38 kDa (Low)

可視 250 µl ミニゲル、約50レーン分
ECL DualVue Western Blotting Markers Pre-stained
/S-tag化学発光検出
15, 16, 100 kDa (可視)

15 ~ 150 kDa (HRP)

・可視(一部)

CCDイメージャー
オートラジオグラフィーフィルム

25回分, ミニゲル時 キット付属のS-Protein-HRPを添加し、化学発光検出。
ECL Plex Fluorescent Rainbow Markers Pre-stained
/蛍光
12 ~ 225 kDa (可視, 蛍光) ・可視
蛍光イメージャー
120 µl
(40-80回分, ミニゲル時)
Cy3/Cy5による蛍光標識。可視検出も可能。

電気泳動用 分子量マーカー

電気泳動用の分子量マーカーは、各分子量範囲に適応した製品をご用意しています。

Native-PAGE用マーカーであるHMW Native Marker Kit には、Native-PAGEによる複合体や多量体の解析が可能なよう、巨大タンパク質であるThyroglobulin(669 kDa)や、Ferritin(440 kDa)が含まれています。

表2に各製品に含まれるマーカータンパク質の内訳と、マーカー泳動パターン例を示しましたのでご参照ください。

表2 電気泳動用分子量マーカーの仕様
製品名 マーカータンパク質
最大検出バンド数 分子量(kDa) 内訳(高分子量順)
LMW Marker Kit 6本 97 /66 /45 /30 /20.1 /14.4 Phosphorylase b(97 kDa), BSA(66 kDa), Ovalbumin(45 kDa), Carbonic anhydrase(30 kDa), Trypsin inhibitor(20.1 kDa), α-Lactalbumin(14.4 kDa)
HMW SDS Marker Kit 5本 220 /170 /116 /76 /53 Myosin(220 kDa), α-2-Macroglobulin(170 kDa), β-Galactosidase(116 kDa), Transferrin(76 kDa), Glutamate dehydrogenase(53 kDa)
HMW Native Marker Kit 5本 669 /440 /232 /140 /66 Thyroglobulin(669 kDa), Ferritin(440 kDa), Catalase(232 kDa), Lactate dehydrogenase(140 kDa), Albumin(66 kDa)

各マーカーの泳動パターン


ウェスタンブロッティング用 分子量マーカー

ウェスタンブロッティング用の分子量マーカーは、各製品がユニークな特徴をもっています。それぞれの製品の概要や検出法についてご紹介します。

Full-range Rainbow Markers の分離パターン

Rainbow Molecular Weight Markers (レインボーマーカー)

レインボーマーカーはウェスタンブロッティング用の有色マーカーです。各バンドが異なる色素で着色されているため、簡単にバンドの分子量を認識することができます。用途に応じて、3種の分子量範囲(Full、High、Low)からご選択いただけます。

有色マーカーのメンブレンへの転写状況を目視で確認することでブロッティング効率を測ることが可能であり、シグナルが検出されない場合のトラブルシュートとしても役立ちます。

【最大検出バンド数】 10本(Full), 8本(High), 7本(Low)
【分子量(kDa)】 225 /150* /102* /76 /52 /38 /31 /24 /17 /12 (Full, High *はFullのみ含)
38 /31 /24 /17 /12 /8.5 /3.5 (Low)

ECL Plex Fluorescent Rainbow Markers (Plexマーカー)

ECL Plex Rainbow Markers の分離パターン
ECL Plex マーカー分離パターン

蛍光検出可能なマーカーであり、蛍光ウェスタンブロッティング時に利用可能です。レインボータイプの着色マーカーの機能ももち、可視でも確認が可能です。

【最大検出バンド数】 10本
【分子量(kDa)】 225 /150 /102 /76 /52 /38 /31 /24 /17 /12

ECL DualVue Western Blotting Markers

3種類の着色マーカーと7種のS-tag組換えタンパク質がミックスされたマーカーです。転写確認ができる有色マーカーの特長に加えて、S-tagを利用した化学発光検出が可能なマルチマーカーです。ECLECL PrimeECL Select などを用いた化学発光検出時には大変重宝するマーカーです。

まれに、化学発光検出のために添加するS-Protein-HRPが非特異的反応を起こし、偽シグナル検出の要因となります。定量を目的としたウェスタンブロッティングの際には、事前に目的タンパク質を認識する一次抗体や二次抗体とS-Protein-HRPが反応しないことをご確認ください。

【最大検出バンド数】 3本(可視)、7本(化学発光)
【分子量(kDa)】 100 /16 /15 (可視)、 150 /100 /75 /50 /35 /25 /15 (化学発光、すべてリコンビナントタンパク質)
【内訳:可視】 Phosphorylase b(97 kDa), Myoglobin(16 kDa), Lysozyme(15 kDa)


まとめ

実験用途にあわせて製品を比較・ご選択いただけるよう一覧表を掲載しました。これまで一括で比較できるツールをご提供しておりませんでしたので、製品のご検討にご活用ください。特にウェスタンブロッティング用の分子量マーカーは、それぞれがユニークな長所を持っています。皆さまの研究用途に合わせてご利用ください。

このコンテンツを読んだ感想をお聞かせください。
下からクリックをお願いします。

Excellent! Nice A Little Bad Discouragement
とっても満足 わりと満足 やや不満 がっかり

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針