トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービス > ProteinSciences Club > サンプル調製

再現性の高い結果を得るために
タンパク質サンプル調製キット/二次元電気泳動・2D DIGE関連 製品

タンパク質研究に関連する製品をまとめてご紹介いたします。
二次元電気泳動や2D DIGE解析を実施する際に、より信頼性の高い、より再現性の高い結果を得るための手助けとなる製品群です。


手間を省き、再現性の高い抽出を実現!
タンパク質抽出用試薬 Protein Extraction Bufferシリーズ

Extraction Buffer製品

キットに含まれるプレミックスバッファー(粉末または液体)を混合するだけで、超音波破砕やグラスビーズを用いない穏和な条件でタンパク質を抽出できます。また、すべてのバッファー組成は公開されておりますので(各製品のWebカタログページに掲載)、研究用途に対応しているかご確認いただけます。

各目的に最適化された3つの抽出試薬をご用意しておりますので、お客さまがお使いのサンプルや研究内容からお選びいただけます。

Mammalian Protein Extraction Buffer

ほ乳類動物の培養細胞からの可溶性タンパク質抽出に適したバッファーキットです。界面活性剤をベースとした穏和な溶解手法を用いることで、タンパク質の活性を保持します。

コンポーネント/使用法

溶液の状態でお届けいたします。培養細胞のペレット、またはプレート上の接着細胞にバッファーを添加して溶解させます。詳細は英文マニュアルをご覧ください。

参考:Mammalian Protein Extraction Buffer 英文マニュアル(PDF)

Yeast Protein Extraction Buffer Kit

酵母からの可溶性タンパク質抽出に適したバッファーキットです。Zymolaseによるスフェロプラスト化を用い、高収量のタンパク質を抽出します。穏和な条件での抽出であるため、さまざまなアプリケーションにお使いいただけます。

コンポーネント/使用法

キットには、抽出用バッファー(100 ml)、酵母懸濁用バッファー(15 ml)、Zymolase溶液の3つが含まれます。懸濁用バッファーで溶解後、Zymolase処理(30~60分、37℃)を行い、最後に抽出用バッファーで処理します。詳細は英文マニュアルをご覧ください。

参考:Yeast Protein Extraction Buffer Kit 英文マニュアル(PDF)

2-D Protein Extraction Buffer Kit

二次元電気泳動用のサンプル調製に最適化されたバッファーです。組成の異なる6種類のバッファーがあり、さまざまな細胞や組織からのタンパク質抽出に対応します。また、最適な抽出バッファーの条件検討用として、6種類の抽出バッファーが少量(10 ml処理分)ずつ含まれた2-D Protein Extraction Buffer Trial Kitがございます。

コンポーネント/使用法

試薬調製済みのドライパウダーを添付の希釈溶液で溶解して使用します。必要に応じて、プロテアーゼインヒビターや還元剤(DTT)等を追加してください。詳細は英文マニュアルをご覧ください。

参考:2-D Protein Extraction Buffer Kit 英文マニュアル(PDF)

※バッファー組成や価格については、各製品のWebカタログページをご参照ください。

Webカタログページ


DIGE Gel & DIGE Buffer Kit

蛍光検出にも対応したプレキャストゲル登場
二次元電気泳動 / 2D DIGE解析 関連製品

2D DIGE解析を効率的に行える便利な製品をご紹介します。

DIGE Gel (Ettan DALT six / tweleve 専用プレキャストゲル)

従来、プレキャストゲルに用いられるプラスチックの支持体が蛍光検出の妨げとなっていましたが、DIGE Gelでは低蛍光ガラス製のゲルカセットを採用しています。これにより、2D DIGEをはじめとする蛍光検出での解析が、プレキャストゲルで可能になりました。

ゲル作製時の差異がなくなり、再現性の高い分離パターンを取得できます。

DIGE Buffer Kit

二次元目泳動(SDS-PAGE)に使用する、泳動用バッファーです。PPA(piperidinopropionamide)をベースとした特殊調製のバッファーであり、Laemmliなどの一般的な泳動バッファーよりも高い分離能が得られます(下図参照)。

DIGE Buffer Kitにより低分子量領域の分離能が改善

図 DIGE Buffer Kitによる分離能の改善

A(左): Tris-Glycine Buffer
B(右): DIGE Buffer Kit
ゲル: Immobiline DryStrip pH4-7
標識/検出: ミニマルラベリング、Cy5検出

一般的な泳動バッファーに比べ、DIGE Buffer Kitを用いた泳動では分離パターンが大きく改善しています。

Webカタログページ(ご注文情報)


機能性と操作性が向上し、多彩な解析に対応
二次元電気泳動/2D DIGE 解析ソフトウェア

ImageMaster 2D Platinum画面

ImageMaster 2D Platinum Version 7.0

アイコンを取り入れたわかりやすい操作インターフェース、素早いレスポンスや画面表示で、解析にかかる時間やストレスを軽減します。

ImageMaster 2D Platinum Version 7.0 新しい特長

  • 主要な操作と機能をアイコン化
  • ランドマークアイコンでマッチング操作を迅速化
  • スポット選択操作と連動して切り替わる快適な画像表示
  • スポット編集の迅速化による精度向上
  • 多群間解析に対応(1 Way Anova搭載)

※従来のImageMaster 2D Platinumシリーズをお使いのお客さまは、アップグレードパッケージをご利用いただけます。機能および費用等の詳細はバイオダイレクトラインまでお問合せください。

Webカタログページ(ご注文情報)

ImageMaster 2D Platinum画面

■DeCyder 2D Differential Analysis Software Version 7.2

※本製品は販売終了しております。

DeCyder 2D Differential Analysis Software Version 7.2 特長

  • ワーピング機能 ゲル間のゆがみを自動補正しマッチング効率を向上
  • スポットの分割、追加認識といった編集機能を追加
  • 画面インターフェイスを大幅向上
  • 画像取込みの作業時間を大幅に短縮(50枚の取込みにかかる時間:約6分)
  • 多変量解析モジュールEDAを標準搭載

製品情報


まとめ

これらの製品は、主に、作業の効率化と、再現性・信頼性のある結果を得ることをターゲットにしています。二次元電気泳動や2D DIGE解析はもちろんのこと、タンパク質抽出キットは他の実験系にも対応しておりますので、ぜひお役立てください。

また、既存製品の Immobiline DryStripやIPG Bufferについて製品改良を実施し、分離能が向上しております。詳細は下記をご確認ください。

このコンテンツを読んだ感想をお聞かせください。
下からクリックをお願いします。

とっても満足 わりと満足 やや不満 がっかり

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針