検索のヘルプ

Location:ホームサポート・保守情報お客さまの声・データ紹介

AKTA flux 6

ÄKTA flux 6お客さまの声

ÄKTA flux sのシリーズで、サンプル処理容量が最大15倍になったÄKTA flux 6が、2014年12月に発売され、ご好評いただいております。これからお使いいただくお客様に、お話しを伺いました。

→ÄKTA flux 6の製品情報


K社N様

ÄKTA flux 6をお求めになった経緯を教えてください。

所有しているÄKTA flux sからのスケールアップ用システムとして導入しました。
以前は、5 L程度のサンプルのろ過は、ペリスタリックポンプと圧力センサーを組み合わせた装置を用い、マニュアルで操作していました。しかし、5 L程度のサンプル量になると、洗浄に使用する苛性ソーダの容量も増え、液漏れするリスクも考えると、安全上の懸念がありました。
そのため、入口圧やTMP等の圧力に対してアラームの設定が可能で、その圧力を超えた場合にポンプを停止することができるÄKTA flux 6に買い替えました。

ÄKTA flux 6に決められたポイントを教えてください。

清澄化や濃縮のアプリケーションにおいて、流速等の仕様が要望にあっていたこと、1L程度のサンプルの処理に既に使っていたÄKTA flux sと同じように操作できることです。

ÄKTA flux 6を実際ご利用になっていかがでしたでしょうか?

以前使用していたペリスタリックポンプに比べると、ÄKTA flux 6のダイアフラムポンプは
最大流量で運転した場合も、意外とポンプの音が静かで、脈動が少ないところが良いです。
ÄKTA flux sと同様、圧力や流量等のデータをUSBメモリースティックにデジタルで記録してくれるので、数時間かかるろ過実施中、ずっとシステムの横でモニタリングする必要がないことが助かります。



T社N様

ÄKTA flux 6をお求めになった経緯を教えてください。

今まで使っていた他社のクロスフローシステムが故障し、修理不能だったため、これを機に更新することにしました。

ÄKTA flux 6に決められたポイントを教えてください。

クロスフローろ過システムを複数比較したところ、今まで使用していたシステムの後継機種よりも、GEのÄKTA flux 6が自分たちのイメージに近いものでした。
例えば、リザーバータンクの材質が、取扱上注意が必要なガラス製ではなく、ポリプロピレン製であること、リザーバータンクの位置が、タッチパネルや基盤のある本体の上ではなく、本体の横にあるので、万一液漏れした際もより安全だと考えられることです。
またÄKTA flux 6なら、圧や流量等の運転状況が履歴に残るので、何かトラブルがあった時の判断材料になるので安心です。

ÄKTA flux 6を実際ご利用になった上での感想をお聞かせください。

早速稼働し始めましたが、イメージ通りに動いています。
今までのシステムでは、その都度調整が必要な液面センサーで、リザーバータンク内の液量を管理していましたが、今回は何gという重量で管理しているので、より精度よく管理できています。今まで利用していた膜もそのまま繋げられますし、圧力表示もbarとpsi単位の切り替えができるので、今までのろ過条件に近い形で運転できています。
TMP(膜間差圧)や透過流量がリアルタイムで表示されるので、膜を繰り返し使用した場合の状態の確認もできそうです。
また、リザーバータンクの中にミキサーがあり、ろ過中に撹拌できるのも、以前はできなかったことなので良かったです。
今後のリクエストとしては、循環量一定モード(※)で操作し終えたときに、音で知らせるだけでなく、フィードポンプが自動的に停止してくれると尚良いと思います。

※、循環量一定モードとは、ろ過中に、リザーバータンク内の重量が一定範囲内に保たれるように、トランスファーポンプがバッファーやサンプルをリザーバータンクへ継ぎ足しするモードのことです。ろ過により減少した液量分のバッファーを継ぎ足しながら連続的にバッファー交換することができます。

ありがとうございました。

※お客さまの使用経験に基づく記載です。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針