検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報二次元電気泳動

二次元電気泳動のすべて タンパク質機能解明のキーテクニック

一次元目等電点電気泳動

From the first to the second demension - the versatile Multiphor II

Multiphor IIはIPGストリップによる一次元目からプレキャストゲルによる二次元目の泳動を1台で行う装置で、簡便な二次元電気泳動が可能です。

Multiphor II

  • 一次元目等電点電気泳動から二次元目SDS-PAGEまで1台で可能
  • 二次元目プレキャストゲルの使用で、高解像度、再現性の高い分離を実現

水平型電気泳動装置で、多目的の電気泳動テクニックが可能なシステムです。
二次元電気泳動のアプリケーションでは、Multiphor II 1台で、一次元目から二次元目までの泳動が可能です。

一次元目等電点電気泳動では、Immobiline DryStrip Kitを組み合わせることにより、7、11、13、18、24 cmのImmobiline DryStripを最大12本同時に泳動が可能です。Immobiline DryStripKitを取り外せば、そのまま二次元目水平ゲルの泳動が可能なシステムになります。(二次元目電気泳動についてはこちらをご参照ください。)

Multiphor IIはセラミッククーリングプレートを使用しており、MultiTemp III恒温循環装置による温度コントロール効率を高めます。また、プログラム機能を持つEPS 3501XLパワーサプライを組み合わせて使用することにより、泳動条件を再現できます。

目的に応じた長さ、pHレンジのImmobiline DryStripを選択します。Immobiline DryStripは乾燥状態で供給され、破損や伸縮の心配がありません。保護フィルムをはがしてから膨潤を開始します。

Immobiline DryStrip
Immobiline DryStrip

1. 膨潤とサンプル添加を同時に行います

Immobiline DryStrip Reswelling Trayには12本までのImmobiline DryStripを個別に膨潤できるよう溝が作られていて、それぞれ異なるサンプルを膨潤液に含ませることが可能です。
参照図1-1参照図1-2

2. Multiphor IIにImmobiline DryStripをおきます

Multiphor II 上にセットしたImmobiline DryStrip Kitのアライナーの溝へImmobiline DryStripを並べます。
参照図2

3. 電極をセットします

Immobiline DryStripの長さに応じて電極に位置を合わせます。
参照図3

4. サンプルを添加します(1.で添加していない場合)

サンプルを膨潤液に混和していない場合はサンプルカップヘ添加します。
参照図4

5. 泳動を開始します

EPS3501XLパワーサプライとMultiTemp III 恒温循環装置を接続し、泳動を開始します。
参照図5


すすむ | もどる | 製品トップ


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針