検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報二次元電気泳動

二次元電気泳動のすべて タンパク質機能解明のキーテクニック

二次元目電気泳動

ゲルを作製することなく、1つの泳動装置で二次元電気泳動を行いたい場合に
Multiphor II

Multiphor II

1台で一次元目から二次元目までの泳動が可能な水平型電気泳動装置です。

ニ次元目SDS-PAGEの泳動にはプレキャストの薄層ゲル(0.5 mm厚)を使用するので、スポットがシャープで再現性の高い結果が得られます。

薄層ゲル

1. ExcelGel SDSを選択し、Multiphor IIのクーリングプレート上にセットします

参照図1

2. ゲル上にバッファーストリップをおきます

ExcelGel SDS Buffer Stripを陽極・陰極にそれぞれおきます。陽極バッファーストリップはわかりやすいように着色してあります。
参照図2

3. 一次元目泳動をしたImmobiline DryStripをおきます

Excel Gelの陰極側に、一次元目泳動後、平衡化の終了したImmobiline DryStripをおきます。
参照図3

4. 電極をおきます

電極の位置はExcelGelの両端に移動・調整できます。
参照図4

5. 泳動を開始します

パワーサプライEPS3501XLとMultiTemp III恒温循環装置を接続し、泳動を開始します。
参照図5

マウス肝細胞タンパク質の二次元電気泳動パターン

泳動結果1

一次元目:Immobiline DryStrip (18 cm)
二次元目:ExcelGel XL SDS 12-14 (18×25 cm)

肺腫瘍細胞タンパク質の二次元泳動パターン

泳動結果2

一次元目:Immobiline DryStrip pH3-10, 11 cm
二次元目:ExcelGel SDS 8-18 (11×25 cm)


すすむ | もどる | 製品トップ


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針