検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報二次元電気泳動

二次元電気泳動のすべて タンパク質機能解明のキーテクニック

二次元目電気泳動

ラージゲルでの高解像度解析を手軽に行いたい場合に
Ettan DALTsix

Ettan DALT six

大型ゲル(25.5×20 cm)を6枚同時に泳動できる縦型電気泳動槽です。24 cm Immobiline DryStripの二次元目展開に最適で、高解像度・高精度を要求されるこれからのプロテオーム解析に必須の1台です。

シンプルで取扱いが容易なデザインに加え、プレキャストゲルが使用できるため、再現性の高い高解像度の解析が手軽に実現します。内蔵のヒートエクスチェンジャー/バッファー循環ポンプにMultiTemp III 恒温循環装置を組み合わせることにより、効率的で安定した冷却が可能です。

プレキャストゲルを用いる場合

Ettan DALT Gel 12.5 は12.5 %ポリアクリルアミドのプレキャストゲルです。プラスチックのサポートフィルム上にキャスティングされているので、取扱いが容易で形状が安定しています。ブック型のプレキャストゲルカセットにより、ゲルの取扱いが更に容易で、スループットが向上します。
Ettan DALT II Gel

自作ゲルを用いる場合

ゲルキャスターにゲルカセットをセットし、ゲル溶液を流し込んで作製します。1.0 mmまたは1.5 mm厚ゲルの作製が可能です。Ettan DALT Gradient Makerを使用してグラジエントゲルの作製も可能です。
Ettan DALT II Gel

1. プレキャストゲルをプレキャストゲルカセットに設置します

参照図1

2. 一次元目展開し、平衡化したImmobiline DryStripを置き、アガロースで封入後、カセットをユニットに挿入します

参照図2

3. パワーサプライEPS 601、恒温循環装置を接続し、泳動を開始します

泳動結果
一次元目:Immobiline DryStrip 3-10 NL, 24 cm
二次元目:SDS-PAGE(12.5 % T, 2.7 % C) / Polyacrylamide gel(Laemmli buffer system)
サンプル:芽キャベツ(Brassica oleracea var. Gemnifera)抽出物


ラージゲルで多検体処理を必要とするプロテオーム解析に
Ettan DALTtwelve

Ettan DALT twelve

Ettan DALTsixと同じサイズの大型ゲルを12枚まで同時に泳動できる泳動槽とパワーサプライ、コントロールユニットを装備したシステムです。

24 cmのImmobiline DryStrpを一次元目に使用することで、 大型ゲルの特性を生かした最高のパフォーマンスを期待できます。バッファーはユニット下部に組み込まれているポンプにより循環され、ペルチィエ冷却装置により正確に温度をコントロールします。(15~50 ℃)。

Ettan DALTsixと共通のプレキャストゲルまたは自作ゲルの使用が可能です。


すすむ | もどる | 製品トップ


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針