トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報セルラーサイエンス

【超解像度&高解像度】細胞の世界

ライブセルイメージングを成功に導く3つのポイントとその実例
~細胞内微細構造イメージングのさまざまな実例を紹介した資料です~

ダイナミックに動く微細な構造が織り成す細胞の世界。
しかし、細胞は繊細で、いともたやすく生命力が失われてしまいます。

又、細胞内は細胞骨格や多様なオルガネラで構成され、見たい対象が微量なものの場合、詳細な場所を特定することは容易ではありません。

生きた細胞の鮮やかな世界に迫り、見たいもののダイナミックな動きや、3次元的な微細構造を捉えるには、どのような点が重要なのでしょうか?
資料では細胞内微細構造イメージングのさまざまな実例を紹介しています。
ぜひダウンロードしてご一読ください。

【こんな方にオススメです】

  • 細胞内に立体的に配置しているタンパク質の位置関係を定量的に解析したい方
  • シグナル量の少ない構造を微細に観察したい方
  • ライブセルイメージングをこれから検討されている方
  • 細胞内タンパク質のダイナミックな挙動や、FRAP解析をおこないたい方
  • 1細胞レベルでRNAiの影響を評価したい方

ライブセルイメージングを成功に導く3つのポイントとその実例イメージ画像

【ダウンロード方法】

右側のフォームに会社名、氏名、メールアドレス、電話番号をご入力頂くと、ダウンロードページにアクセスすることができます。

ライブセルイメージングを成功に導く
3つのポイントとその実例ダウンロード